科目別勉強法 ~労働保険科目編~

社労士試験の試験科目は、①労働基準法及び労働安全衛生法、②労働者災害補償保険法、③雇用保険法、④労働保険の保険料の徴収等に関する法律(労働保険徴収法)、⑤健康保険法、⑥厚生年金保険法、⑦国民年金法、⑧労務管理その他の労働及び社会保険に関する一般常識からなります。そして⑧を除いた7科目については、①~④を「労働保険科目」、⑤~⑦を「社会保険科目」という具合に、2つに大別することができます。このページでは、前半の「労働保険科目」の勉強法について、解説したいと思います。

①労働基準法及び労働安全衛生法
まず、労働基準法とは、労働分野における基本法です。「賃金」「労働時間」「有給休暇」「就業規則」など、社会人にとって馴染みの深い内容となっていますので、総じて勉強のしやすい法律と言えるでしょう。
ただし、選択式・択一式どちらにおいても、出題は労働安全衛生法とセットになっています。労働安全衛生法とは、事業場における安全衛生に関する措置について定めた法律なのですが、内容が細かく、労働基準法とは対照的に、勉強のしにくい法律となっています。両法律の学習のバランスをいかに取るかが、①労働基準法及び労働安全衛生法の勉強法の大きなポイントです。

②労働者災害補償保険法
法律の正式名称を聞くと、ピンとこないかもしれませんが、いわゆる労災について定めた法律です。一口に労災と言っても、「療養(補償)給付」「休業(補償)給付」「傷病(補償)給付」「障害(補償)」給付」「介護(補償)給付」「遺族(補償)給付」など、保険給付の種類は多岐にわたります。多岐にわたる保険給付を混同することなく、いかに整理して理解できるかが、②労働者災害補償保険法の勉強法においては、とても重要になってきます。

③雇用保険法
文字通り、雇用保険について定めた法律です。労災保険法ほどではありませんが、やはり複数の保険給付からなります。「求職者給付」「就職促進給付」「教育訓練給付」「雇用継続給付」といった各保険給付の関係性や相違点を比較しながら覚えていく勉強法が、雇用保険法の学習においてはおすすめです。

④労働保険徴収法
労災・雇用保険の保険料徴収に関する手続き等を定めた法律で、社労士試験においては、労災保険法および雇用保険法の科目の一部として問われます。労働保険徴収法では、法律系資格であるにも関わらず、計算問題が出題されます。試験本番で慌てることのないよう、問題数をこなして計算問題に慣れることが、労働保険徴収法の勉強法としては特に求められます。

>>こんな私でも社労士に一発合格できました